2010年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後の お仕事 パート2

こんばんわ

おかしゃんです。 アラフォーです。


先日のBOSSの火葬の日の 続きです。


ペット霊園へ到着して BOSSの旅立ちの準備をして、、、

最後の お別れをして、、、BOSSは火葬されました。

火葬されている間 待合室で 皆で待っていました。

看板犬 看板猫さん達が 寄ってきて 遊んでくれました。


しばらくして 「準備が出来ました」と 声をかけられ

皆で BOSSの お骨を拾いました。

職員の方が 「これは○○の所です」って 説明してくれましたが

もう 覚えてないです(苦笑)

その時 私の全神経は たった一つの事に 集中していたのです。

12歳くらいのBOSS (冬)

My+Pictures0023_convert_20100223220607.jpg

生後10ヶ月の頃の 交通事故で 足にボルトが入っています。

冬になると ボルトが冷えて 痛いのです。 だから 足を上げています。

私の最後のお仕事は このボルトを 取り除く事です。

もう ずっと前から 10年以上前から 決めていました。

「私はBOSSの最期まで一緒にいて お骨を拾う時に ボルトを取ってあげる」

[広告] VPS


足 痛そうですが 上手に カメラから逃げています。 今年の2月下旬です。


お骨を拾いながら 必死でボルトを探しました。

おとしゃんに 「ボルトは?」って 足の辺りを見てもらっても

なかなか 見つからず、、、

「あ、あった!」って おとしゃんが 持ち上げたのは 大きな骨でした。

ボルトが まだ骨と一緒だったのです。

私は小さな爪や骨を拾いながら 「それ ボルト 外れないかな?」って

ブツブツ言ってたら、、、どうやったのか? おとしゃん ボルトを外してくれました。

それが これ です。

逕サ蜒・188_convert_20100916202808

こんなに たくさん 入ってました。

プレートとボルト6本。 (綿棒はサイズ確認の為です)

痛かったですね、、、本当に 悪い事をしました。

約17年間 BOSSと一緒だったボルト、、、

骨壷には入れられませんが なんだか 捨てられず 持っています(苦笑)


これが 私の 最後の お仕事 でした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ

| おかしゃん | 23:02 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT