PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

告白

こんばんわ~

デヴィちゃんです。 4歳でしゅ~!

今日の写真は 撮ったのに 載せなかった 写真でしゅ。

dewi+1199_convert_20130110184349.jpg

在庫一掃で 申し訳ありましぇん(笑)


先日 保護犬の認知度が低いな~っと ちょっと書きました。

その日のコメントに 保護犬を貰う 審査が厳しい!っと 数人の方から

ご意見をいただきました。

おかしゃんも アタチの写真を見て 申し込んだけど、、、

「ダメって言われるかも!? 1日中仕事してるし 別宅へ預けるし、、」

っと ハラハラドキドキしていたそうでしゅ。

dewi+1198_convert_20130110184329.jpg

保護犬さんでも とっても人気のある子もいて 「応募多数の為 一時募集停止」

なんて 嬉しい事になっても 実際は里親様が 決まらなくて

再度 募集をする時も ありましゅ、、、。


里親になるための審査基準が厳しいのは ワンコさんが再度悲しい思いをしない為、、、

厳しい基準があっても お申し出 して下さる 里親様の 本気 を

確認したいのでは無いでしょうか?っと 思いましゅ。

おかしゃん個人的には、数人の方のおっしゃるように 厳しすぎるのでは?

っと 思っているそうでしゅ。


時々 数年前に里子に、、、でも 戻ってしまった。 なんて 悲しい事 ありましゅ。

でも 割合は決して 多く無いと 思うのでしゅ (厳しい基準ですからね)


dewi+960_convert_20130110190055.jpg

ずっと前に ドッグランで一緒になった方に

「友達が保護犬に 名乗りを挙げたら 子供がたくさんだから 無理じゃないですか?

  っと 言われて、、、失礼だよね~って 怒ってた」っと 聞きました。

保護犬は 先程 書いたように 人気のある子もいましゅ。

応募が多数になれば お断りをしないといけない事 ありましゅよね、、、。

お断りの言葉 とっても 難しいでしゅ、、、でもね、、、

「このワンコは 小さい子供がいる家庭には ちょっと、、、

 他の 子供好きなワンコさんは いかがですか?」とか 

同じ日本人同士なら 使う言葉で 上手く出来ると思うのでしゅ。


おかしゃんが アタチの写真を見て 名乗りを挙げた時、、、

アタチは病気の手術をした日で まだ里親募集を していなかったのでしゅ(笑)

東京のお母さんから 「まだ里親募集をしておりません!」っと メールをいただきました。

「会には他にも 里親様を募集している子が たくさんいます。気になる子がいたら 

ご連絡くださいね、、、保護犬に目を向けて下さって ありがとうございます!」

っと 書いてありました、、、。

だからね おとしゃん&おかしゃん アタチの応援もしていたけど、、、

里親募集のワンコさんを ず~っと 毎晩 見ていたのよ(苦笑)

dewi+1200_convert_20130110184408.jpg

そしてね ある晩 「見て~!」っと おかしゃんが おとしゃんに 叫んだ子。

体重は5キロ位 2歳位 まるでBOSS兄ちゃんを小さくして、、、

デヴィ姉ちゃんのように 真っ黒な毛色~!

そのワンコさんは 10円玉ハゲが 1個あるくらいで 健康なワンコさんでした。

おとしゃんが 「このワンコだ~!」っと 言ったので、、、

申し込んだのです。 チロさんと 同じ会の子でした、、、。

dewi+971_convert_20130110190111.jpg

えっ!アタチ 危なかった!?」(笑)


おかしゃんはね、、、足の悪いアタチの事が ず~っと 気がかりでね、、、

おとしゃんの希望で 申し込んだけど、断られたら良いかも!?って 思ったそうでしゅ。

そして その申し込みメールの 翌日の夜に 

東京のお母さんから 「そろそろ募集しますが~?」っと メールを頂いたのでしゅ。

おかしゃんは 速攻おとしゃんに 言いました。

「昨晩のあの子は ハゲ1個の 若くて可愛い子だけど、、、

ミニョちゃんは アンヨの個性があるから 介護慣れしてる アタシが適任だと思う」

っと。 自信満々~(笑)

「昨晩のワンコさんの件 辞退しても良いですか?」っと。

おとしゃんは了承して おかしゃんはメールをしていました。

「昨晩 申し込みをした者ですが 辞退させてください。

若くて可愛いワンコさんですから 他にも希望なさる方が いらっしゃる事を

願っております」っと こんな感じのメールだった、、、。

すぐに返信メールが届きました

「了承しました。 ご希望者多数のワンコさんです、、、」っと。 

おとしゃん&おかしゃん 一安心 (笑)

dewi+1089_convert_20130110190133.jpg

実は 浮気をされていたのでしゅね、、、こんな風に~(苦笑)

以上 告白でした。


里親の基準、、、会によって違うようでしゅ、、、

出会ってしまったら 手を挙げてみて下さいね~!


ポチっと お願いしましゅ!
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
携帯でご覧の皆様~ブログ村 犬ブログ
スポンサーサイト

| デヴィ | 23:36 | comments:11 | trackbacks(-) | TOP↑

今は本当に厳しいらしいですね。でも幸せワンコになってほしいため!
そうですよね、一言、ちょっとした一言で受け取り方が全く違うものになるんですよね~。
デヴィちゃんおかしゃんおとしゃんの子になれて本当に良かったね(^-^)
十円ハゲのワンコもきっと今頃幸せワンコになっているんでしょうね♪

| ななチロママ | 2013/01/12 08:30 | URL |

あはは、浮気ですか。でも、いろいろあっても落ち着くべきところに落ち着いたんですよね。デヴィちゃんももうひとりのワンコさんも(きっと!)幸せですものね。

審査基準の厳しさは確かに両刃の剣なんでしょうね。ペットショップで「目が合って衝動飼いした」的発想の里親候補はぜひふるい落として欲しいと思いますが、極端な話ひとり暮らしでもしっかり飼っていらっしゃる方も多くいらっしゃいますものね。そういう方のブログにもお邪魔していますが、おひとりで手が回りにくい代わりにプライベート生活をワンコ中心にまわされていて本当に行き届いた世話をしていらっしゃいます。

転職活動と同じで書類からではわからないことも多いです。里親会の方は大変とは思いますが、ひとりでも多くの希望者さんと面談の機会を設けて判断していただきたいと思います。

| みき | 2013/01/12 08:51 | URL |

ほんとそうですよね、どんなことでも、言い方ってとても大切だと思います。

保護犬を迎える条件、会によっていろいろあるようですが、マリリン出身のところを見ていると、やはり一番の条件は、「人」なんだなぁって思います。
完璧に条件が整っているのに、会った瞬間、まだほとんど会話をしていない段階で代表がスッパリ断っているのを何度か見かけました。
何かピンと来たのだと思われます。
逆に、条件的には断られてしまう環境であっても、やはり代表が会った瞬間にOKが出ている方もいらっしゃって。
マリリンのお友達にもそのパターンの子がいるのですが、一人暮らしという環境の中でも、本当に幸せに暮らしております♪

なので、BOSS母さんのおっしゃる通り、覚悟が決まったら手を挙げてみていただきたいですね(*^_^*)

| マリリン母 | 2013/01/12 09:45 | URL | ≫ EDIT

そうですか。
色々と難しいですね。
ハードルの高さが高すぎるのも低すぎるのも
問題でしょうし・・・
結局は人と人とのやり取りですからね。

デヴィちゃん、よかったね。
やっぱりあなたは最強のラッキーガールです。

| emihana | 2013/01/12 09:58 | URL |

良かったね、アタチ

行動ではあまり参加できたない例のボランティアでも、
きちんと検査を通って、里親になった方でも、数年後に
トイレットトレーニングがうまくできない、先住犬との折り合いが悪い、子供がアレルギーになった等と理由をつけて
里親放棄、ワンコが戻ってくる事があります。

また、サイトで募集しますが、老犬になっていたり、しつけできていないワンコになっていたりで、可能性が下がります。
中には、手入れされずに皮膚病になっている子もいます。
無責任な里親もいます。

なのに、トドまま、検査不合格です。
悔しいです! 

検査は、日本と同じでしょうか、留守にする時間制限もあります。
残業ばかりのトドまま、これも失格かな。
でも、トドは赤ちゃんの時から、一人でお留守番できています。健康で、問題ないようですけれど。

保護ワンコの親でも、留守にする方、たくさんいます。
嘘ついていいかな?
きっと、中には心傷ついた子もいるからかな?
それなら、その時に考えて、仕事を辞めるかもしれませんけれど。

知らない他人同士だから、信頼して保護されたワンコをお任せする事は困難なのでしょうね。
時には、厳しい検査も必要ですけれどね。

アタチ、危うしだったわね。
良かった!
そのワンコちゃんも幸せゲットできたようで、良かったですよね。ふっ!

保護ワンコちゃんは、精神的にも大変な状態の子もいますね。
そんな中で、可愛がってくれる飼い主が変わって、環境も変わってばかりいたら、弱ってしまうでしょうね。

ペットショップで購入する人ばかりでなく、里親候補の方にも
責任持って、そのところ、ヨロシク!って叫びたい!!!!

ワンコはとっても繊細だから。

デヴィちゃん、おかしゃん、ちょっと浮気しそうだったけれど、本妻に戻った夫のようですね。
なんのこっちゃ、、、って?

Boss母さんとデヴィちゃんのすごく強く太い赤い糸が見えますよ。

Boss母さん、週末お仕事頑張ってね。

| トドまま | 2013/01/12 12:42 | URL |

御無沙汰です。
千葉の東のくぅちゃんです。

御無沙汰していた間、我が家もバタバタ
色々ありまして。でも去年の2月保護犬を
迎えました。そしてなんと暮れに2頭目の
保護犬を迎えることができました。
やっぱり最初は「家は条件が良くないし」と
ドキドキでした。でも決まる時ってトントン拍子に
進んでいく感じですね。
さらに悪条件の2頭目は1頭目のコの預かりママさんに
直接相談して力を貸して頂きました。

里親さんを選ぶ基準って色々なんでしょうけど
団体さんによったり同じ団体さんでも各預かりさんで
考えも違ったりするので色々あたってみるのもいいですね。
実は私も同じ団体さんですがNGも経験済みなんです。

そうそう保護犬ちゃんって意外と知られていないんですよね。
私も機会があればそのたびお話させて頂いています。
まぁ絶対ペットショップやブリーダーさんじゃないと
ダメ!って方も結構いるんですけどね。
子供が拾ってきた犬を捨てさせてその後すぐ
ペットショップから犬を迎えた人2人知ってますよ。
もぉ「キーッ」ってなる。
千葉のセンターもシステムが変わってすぐ処分は
されなくなったみたいですが次から次へと新しいコが
入ってきてそうなるとやっぱり選定、選定で悲しい目に
あわなければいけないコがでてきてしまうようです。

なんかちょとニュースで話題になったりしたような
犬猫なら多くの人が里親になりたがるじゃないですか。
古いけど崖っぷち犬とか。そんな気持ちがあるなら
他の辛い状況のワンちゃん、猫ちゃんにも目を向けて
あげてほしいですよね。
私も少しずつではありますが自分にできる事をしていこうと
思っています。

長くなってしまいましたがこれからもよろしく!です。

| くぅちゃん | 2013/01/12 13:57 | URL |

団体で活動されておられる方、個人でされてる方、
皆さん、動物達に幸せになってほしいという気持ちに
変わりはないと思います。

誰にでもできることではないですし、
素晴らしいことだと思います。

でも確かに??な基準のところもありますね。
人も動物もどちらも幸せにならなきゃいけないはずなのに、
動物を想うがあまり…(苦笑)

これじゃ、せっかくのご縁逃しちゃう~!
と思うことあります。

私も微力ではありますが、自分にできることを
していきたいと思います。

| もーちゃん | 2013/01/12 14:35 | URL |

ありがとうございましたm(__)m

BOSS母さん、デヴィちゃん、告白してくれて、ありがとうございましたm(__)m タイミングがよかったんですね(^_-) 東京のお母さんのメールが遅かったら、BOSS君似の子が、BOSS母さんのところへ行っていたのかもしれないし、縁は、不思議です。
審査が厳しいのは、わかります。今度こそ、幸せになってほしいですから。人間関係と一緒で、断り方があると思います。ようは、言い方ですね。難しいです。

| ごま | 2013/01/12 15:18 | URL |

コメント有難うございます

ななチロママさん
ワンコのためなら 厳しい審査も基準も必要なのでしょうが
ダメ!っと断られそうな状況だと 手を挙げにくいでしょうね、、、。
デヴィが長生きワンコさんで、、虹の橋へ引越ししたら
私の年齢だと もう 基準外かもしれません(苦笑)
シニアワンコなら 大丈夫かな?(笑)


みきさん
一人暮らしでも ちゃんと ワンコさんと暮らしている方
多いですよね~
家族で暮らしていても 誰もお世話しないなんて 家もあるし。
基準は必要だと思いますが ヒトによっては 例外があっても
良いのでは? とも思います。
ヒトがガッツを見せたら 少し 考えてくれるのかな?


マリリン母さん
マリリンさんの卒業した会は 特別に厳しいわけでもなく
もちろん基準はあると思いますが
ちゃんと ヒトを見て 判断してくださるのですね。
たくさんのワンコ たくさんのヒトが いますから
いろんな事があると思いますが
ワンコが幸せに ヒトも幸せに なって欲しいですね。
私 毎回読み逃げです。あ、今 コメント書けないからですが(笑)


emihanaさん
保護活動をされている方は ワンコの幸せを願っていますから
厳しい基準も当たり前!だと 思います。
里親を申し込むヒト 里親制度に慣れている方ばかりじゃないですから
いろんな事があるのでしょうね、、、。
断られた事に腹を立てるようなヒトだから、、、断られたのかもしれないし、、
いろんな事、、、なのでしょうね。


トドままさん
ヒトは いろいろ ですね、、、。
断られて 怒っているような方では 確かに 保護犬の飼育は
難しいと思います。
私はデヴィを迎える時 連休にお届けをお願いしました。
普段の日だと 仕事で ほとんど居ないですから
少しでも長く一緒に居て 安心できるように、、、です。
来た日から 一緒に別宅へ行って 夕飯も食べました。
翌日も です(笑)
だから仕事の日でも デヴィは別宅で ゆっくりしていたそうです。
その程度の気遣いでは カナダでは ダメなのかな?


| BOSS母 | 2013/01/12 22:32 | URL | ≫ EDIT

昔、うらんを火葬した動物霊園で個人のボランティアの方が
月1の割合で保護活動や里親を待つわんこ、にゃんこを伴って
いらしていました。
話を聞いて里親になるのに基準が厳しいと思ったことは事実です。
その方は譲渡後も里親さん宅に出向いて譲渡時の約束事が守られて
いるかを確認に行かれると仰っていました。
飼育状況が悪ければ里親解除となることもあり、
実際に再度保護した子もいるとのことでした。
私はその時初めてわんこ、にゃんこのボランティアの方が
いらっしゃることを知りました。
まいるがいるのにうらんの面影を探しているような私には
ここから里子を迎えるのは無理だなとも思いました。

紫龍はその動物霊園に務める方が個人的に引き取っていました。
ですから、厳しい基準もなく紫龍を迎えることとなったわけですが、
その方は半年に1回くらいの割合で紫龍に会いに来てくださっていました。
紫龍を迎えて1年半後を最後にいらっしゃらなくなりました。
今思えばそれがその方が決めた基準だったのかなと思います。
だって、他にはボランティアの方のような厳しい基準はなかったのですから。
今では「生まれたときからここの子!」と威張っている
ふたつの命を最期まで大切にしていきます。

トンチンカンで長文のコメントで失礼します。

デヴィちゃん、おとしゃん&おかしゃんのおうちのこになって
本当に幸せですね。
あなたがいるからおとしゃん&おかしゃんは幸せですからね。
もちろん、別宅のおじいちゃん&おばあちゃんもね!

| ハイジ | 2013/01/12 23:01 | URL | ≫ EDIT

コメント有難うございます

くぅちゃんさん
ご無沙汰してます~ 日本で1番始めに陽が登る、、、方ですよね!?(笑)
そうですか~保護犬さんを迎えて さらに年末にもですか!?
それはそれは 賑やかで楽しくて まだ大変な時期ですか?
同じ県内ですから いつか くぅちゃんさんのワンコさん達にも
お会いしたいです~!
保護犬も預かりお母さんも 里親希望の方も
たくさん~なので いろいろな事が あるのでしょうね。
でもワンコさんの幸せを考えたら
ヒトは ガマンできると思います。
勇気を持って 基準外でも 申し出てみる事も出来ると思います。
捨て犬は 再度捨てて ショップで購入ですか、、、
ヒトの子供の教育に 良くないと思いますが、、、
捨て犬を拾った 優しい心を 否定していますよね。
残念ですが そのご家庭には 保護犬は 無理ですね。
どうぞ これからも よろしくお願いします!


もーちゃんさん
会によって 基準はいろいろなようですね。
実際 保護犬を迎えた方で お散歩中に会う方は
一人暮らしですし、、、
確かに 飼い主が仕事で ほぼ1日中留守だと
ワンコは寂しいかもしれませんが、
我が家では 休み中 デヴィは疲れ果てます(苦笑)
おとしゃんが デヴィをイジルからです。
出勤前にお散歩して 帰宅してお散歩して 遊んで~
だったら ワンコの性格によっては 平気だと思うのです。
臨機応変、、、私の好きな言葉です。
基準 マニュアルがあっても 臨機応変に、、、です。
実際、、、老犬さんは いつも同じじゃないしね~(笑)
臨機応変に おばばさんの為に~ ですよね。
同じだと思うのですが、、、。


ごまさん
ご縁は不思議なもので、、、10円ハゲちゃんの里親に
断られたかもしれないのですよ!(笑)
まあ 私はずっと 里親募集を拝見していましたので
こた割られる事も 想像していましたが。
保護犬は 早い者勝ちでは 無いのです。
応募多数となれば 申し込みメールの内容から
選ばれる可能性もあります。
あ、その辺は よく知らないけど、、、ね。
でも デヴィの申し込みの際は ダメ夫婦だけど大丈夫!って
すご~く頑張って書いた気がする(笑)


ハイジさん
しろんさんの個人保護の方は 優しい方ですね、、、
手放したワンコの幸せを祈りながら 過ごしていらっしゃるのでしょうね。
私は ずっとブログで公表していたので
家庭訪問の経験は無いのですが
家庭訪問の時に 「いらっしゃいませ~」って
雰囲気でなかったら ワンコは大丈夫?っと
不安になるでしょうね、、、
デヴィが我が家に来て 2ヶ月も経たない頃に
東京のお母さんに会いに行きました。
デヴィ 喜びましたよ~ そしてね
「アタチ頑張ってるよ!」って 報告しているようでした。
たぶん その時は 私はまだ 母では無く、、、
会った後 帰宅した時から 母なのだと思います。
帰宅したら デヴィは 「あ、もう東京の家には戻らないんだ」
って理解したのだと思います。
茶々ちゃんのように その日まで まいるさん しろんさんと
それが 私達の幸せですね!

| BOSS母 | 2013/01/13 00:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT