PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レッグペルテスという病気

こんばんわ~

久しぶりに おかしゃんです! アラフォーです(苦笑)

デヴィが 我が家に来てから 1年以上経ちました~

賑やかで 毎日 笑って暮らしております。

先日 偶然なのかな? デヴィが 初めて ネットで公開された写真を発見しました。

ちばわん愛護センターレポート 2010年9月13日です。

我が家の次女デヴィ 後足 両足が レッグペルテス病の 状態で センターにいました。

CATNAPさんで センターから 出してもらい

東京のお母さんが 足の異常に気づいてくれて

後ろ両足 大腿骨頭切除手術を 受けています。

我が家に来てからも リハビリの生活でしたが、、、その辺は 省略(笑)

dewi+954_convert_20111222225112.jpg

可愛いでしょ~!? 小太郎母さん! ツリーの前で 撮ったわよ!(笑)


次女デヴィ 元保護犬ですが デヴィを迎える前は わざと 病気の事を

調べなかったのです。

なんとなく 「私の仔だわ~」って 思って 何があっても 動揺する事無く

っと 心に決めていましたので、、、

迎えてから 「レッグペルテス」という 検索をすると

ほとんどは片足!っと 検索結果です。

そして 薬と運動制限で 様子を見ることは出来るが

完治するには 壊死した骨を切除!っと 書いてあります。

次女デヴィ 病気を放置されたから 両足なのか?

もっと早く切除手術をしていたら アンヨの麻痺も 残らなかったのかも?っと

思います。

獣医さんによって 外科手術が 苦手な先生もいらっしゃいます。

レッグペルテスと 診断されたら どうか セカンドオピニオンなど

受けていただきたいと思い、、、、

そんなに怖い病気でも 難しい手術でも 無いと思いますよ~

でも~ 様子を見てたら 両足、、、は イヤなので 書いてみました。

私自身が デヴィの術後にしか 会ってませんので なんとも 迫力あるように

宣言できませんが、、、、

カラスには言えるのにね、、、(苦笑)


にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
携帯でご覧の皆様~ブログ村 犬ブログ

| デヴィの自己紹介 | 00:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

デヴィちゃんバッチリ

わあ、デヴィちゃん
素敵なクリスマスショットですねー。

バッチリ!!

そのまんまクリスマスカードね。

いつも、ポチっと押してくださっていて
本当に感謝です。

私もやっと
落ち着きました。

デヴィちゃん、脚の病気は大変だったけど

今、毎日幸せなのがなによりよ。

| 風ママ | 2011/12/23 00:27 | URL | ≫ EDIT

国民の祝日に、明日はクリスマスイブの今日、
読んだBOSS母さんのブログはとても重くて
何とコメントを残したら良いのか・・・・
せめて、今日生きている私達(ワンコもニャンコもみんな
含めて)が、飢えることなく、命を奪われる恐怖もなく
穏やかななクリスマスを過ごせますように!
あえて言います、Merry Christmas!

デヴィちゃんのようないつにもましてゴージャスですね。
明日はケーキ食べますか?

| 松の実 | 2011/12/23 10:26 | URL | ≫ EDIT

もう、午前1時40分なのに、まだ、起きています。
明日は6時起床なのに。

出張が無事に終わり、その後オフィスに戻り、残業でした。
でも、デヴィちゃんに長~く会っていないような気がして、
頭を起こしてコメントです。

デヴィちゃんが保護ワンコちゃんって知っていましたが、
この写真のデヴィちゃんの気持ち、不安な気持ち、怖い気持ちを考えると胸が痛みます。
グッときています。

Boss母さん、本当に良かったね。
デヴィちゃんのお顔、違っていますもの。
今は、幸せに満ちた自信あるお顔になっていますね。

この時期、こちらもそうですが、日本の保健所もいっぱいの状況になるのでしょうね。
悲しいくらいに、悔しい気持ちでいっぱいになっています。

絶対に学校では「命の尊さ 人間に限らず」を授業に取り入れるべきです。
「道徳の時間」これのカリキュラムを変更すべきだと思います。
単なる「人には優しくしましょう」と教えるのでは、
足りません。

このセンターでの悲しいお顔のワンコちゃんたちを見て、
これ以上、悲しい子達が増えない事を本当に願っています。

本当になんとかできないのか、力ない自分が情けないです。

Boss母さん、何度も言いますけれどね、
デヴィちゃん、とても幸せワンコちゃんですよ。
Boss母さんも幸せ母さんよね。

日本は、ちょっと早くクリスマスイブを迎えますね。
クリスマスケーキを食べますよね。
これは、日本だけですが、あっ、食べたくなっちゃったわ。
日本のクリスマスケーキが最高!

イタリア系は、やっぱりパネトーネとフルーツケーキ(甘い)。
我が家は、お寿司でいいわ。

あと一日でクリスマス休暇です。
クリスマスに間に合うように、イベントするので、
また、デヴィちゃんとブログに遊びに来てね。

がんばりま~す。

あっ、午前2時になったわ。
じゃー、お休みなさい。

| トドまま | 2011/12/23 15:53 | URL |

ツリーの前のデヴィチャンとっても誇らしげに見えますね。

デヴィチャンしか知らない保護される迄の間…きっと辛い事も有ったと思うけど、優しい東京のお母さんに出会って。

そして、優しい妖怪おかしゃんに見初められて(笑)。。。

今は世界一のラッキーガールわんこで♪♪♪

万が一あんよの病気で手放したとしたら母娘共々、デヴィチャンの元の人に感謝ですね(*^▽^)/★*☆♪

30年程前、実家でもお腹にシコリだらけのマルを保護し手術をして貰った事や、迷子の仔を家族が表れ無かったので家の仔にした事を思い出しました。

| ブンタ | 2011/12/23 16:29 | URL |

私もデヴィちゃんはすご~くラッキーな子だと
いつも思っていますよ。
いくつもの奇跡的なご縁が
ちゃんとデヴィちゃんをおとしゃん、おかしゃんのところに
結びつけてくれました。
BOSSお兄ちゃん、デヴィお姉ちゃんのおかげかな?

わんこたちが奇跡に救われなくても済むような
そんな世界になってほしいと、願っています。

ツリーの前でもゴージャス・デヴィちゃん
まるでプリンセスみたい♪

| emihana | 2011/12/23 22:10 | URL |

センターにいた
デヴィちゃんの表情・・・
なんて言ったらいいのか
わからない・・・
言葉が出てきません。
この冷たい場所で
怖かったでしょう。
寂しかったでしょう・・・。

でも今が幸せだから
過去は振り返らないもんね。
お母さんと会えて良かった。
ツリーの前の写真が
誇らしげです^^

| オレンジ☆ | 2011/12/23 23:08 | URL |

保護されて新しいおうちへ譲渡されるワンコの数が、増えていても、それを支えていらっしゃるボランティアのみなさんの活動が、必要でなくなる日は、いつ訪れるのでしょう。

我が家の先代ぶうこも、保健所で対面して、譲渡されました。あそこは、足がすくみます。(間に、新潟動物ネットワークさんが入って、紹介していただきました。)当時は、まだ一時預かりや、お試し期間がなくて、何も知らないで、即我が家のこになりました。

デヴィちゃんの管理センターでのお写真は、既にかわいいですね。さすが大女優です!

| つま | 2011/12/23 23:18 | URL | ≫ EDIT

コメント有難うございます

風ママさん
ありがとうございます~
そして お疲れ様でした~ 大変なお仕事だったようで、、
疲れますよね、、数日に渡り ムリが必要な仕事量。
なるべく避けたいです(苦笑)
デヴィの足の病気 実際には看病していないので
なんとも申し上げにくいのですが、、、
若いワンコさんは なるべく 積極的な治療を
考えていただきたいと 思いまして、書きました。
老犬になると 治療したくても出来ない。
検査すら出来ない!っと なります。
若く体力がある時に 完治して欲しいと 思います。
レッグペルテスだけでなく 他の病気も、、、
診断されたら セカンドオピニオン オススメします。


松の実さん
スミマセン!
実は 病気を抱えた子のブログを読んで 書きたくなったのです。
そして 祝日なので 皆さん お忙しく あまり 読まれないだろうと
デヴィのセンターでの事も 載せました。
公開するのを 悩んでました。
センターでの写真。
私は デヴィは 「可愛そうな仔」では無く
「超ラッキーガール」だと 思っています。
そんなラッキー COME COME の仔と 暮らせるのは
幸せなのです。
ちょっと悪いアンヨも 我が家の仔になる運命だったのです。
靴職人がいますから~(笑)


トドままさん
血統書があっても 血筋が良くても
飼い主次第です。
昔の日本は 動物病院での治療費が 高額でしたが
今は そうでもないです。
デヴィの病院も すごく良心的です。
きっと 動物病院が増えたから、、、そして
動物薬品会社も 増えたから だと思います。
信頼している獣医さんに ずっと診てもらえるのは幸せですが
専門外の病気の時は やっぱり 他の病院や
治療法や、オススメしてもらいたいですよね、、、。
そんな思いがあり 書きました~


ブンタさん
そうですか~ 30年前に 里親さんになられたのですか~
ワンコと暮らすのって ワンコがオトナでも 老犬でも
大丈夫ですよね~
長女デヴィが 私に 教えてくれたのです。
15歳近くでも ちゃんと我が家のルールを覚え
(教えたのはBOSSだけど)
親孝行な仔でした!


emihanaさん
はい!デヴィは ラッキーガールです!(笑)
ちょっと病気の仔の記事を読んで 書きたくなったのです。
老犬の治療とは ちょっと違うのですが、、、
若いから 治療できる!って 事も 書きたかったのです。
重たい記事で 申し訳なかったです。


オレンジ☆さん
センターでの デヴィ、、、
実は他の写真もあるのです。 里親会の方の、、、。
日付で見ると ちばわん さんが 初めてのUPでした。
自然と 涙が出ました。
センターに 1週間以上は 滞在した事も 判明したし。
今回の記事は 「若い仔の治療は 消極的になりすぎないで~」っと
伝えたかったのです。
だから セカンドオピニオンを~っと。


つまさん
センターに入る!って 現実を ちばわん愛護レポートで
見ることが出来ますが 私は 実際には 行った事が無いのです。
デヴィが滞在したセンターは 親戚の家の近くのはずですが
未だに場所が特定できず、、、。
センターの清掃ボランティアに 参加させていただきたく
覗いたレポート。
娘を発見して ボランティアの名乗りを 出来ず(苦笑)
もう少し 時間を貰って ちゃんと 娘の居たセンター
清掃ボランティアします!
まずは そこから、、、です。

| BOSS母 | 2011/12/24 00:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://bossdewi.blog117.fc2.com/tb.php/645-08e3de36

PREV | PAGE-SELECT | NEXT